母の日に贈るフラワー

        
日本での母の日は、5月の第2日曜日となっています。
母の日に近づいてくると、街中で母の日のプレゼントの特別コーナーが作られています。
なのでいろんなものが目につき悩む、という人も多いのではないでしょうか。
また、普段は誕生日などプレゼントをしたことがない人や渡すのが恥ずかしい人などもいるかと思います。
でも年に一度の母の日です。
どの家庭でもみんなが母の日のプレゼントを渡していると思ったら、自分だけがという恥ずかしさも少ないと思います。
なのでこんな機会ですから、日ごろの感謝の気持ちを形に変えてプレゼントをしてみてはいかがでしょうか。

母の日の定番といえば、何といっても花です。
もとはアメリカで、亡くなった母に感謝の気持ちを込めて白のカーネーションをささげたことが始まりという説があります。
白のカーネーションには、泣き母への尊敬の花言葉の意味があります。
それから亡くなった人には、白のカーネーションを、健在の方には赤のカーネーションを渡すのが風習になっています。

カーネーションには色によって意味合いも違います。
白は尊敬、赤は真実の愛、ピンクは感謝を表します。
どの意味合いも、母の日にふさわしい花ことばですのでカーネーションは、母の日の定番の花といわれています。

またプレゼントする花の種類も様々です。
母の日の当日に、花束を渡すことを真っ先に思いつくと思います。
花束を渡す機会もなかなかありませんし、もらう側も何かの記念日でもなければもらうこともありません。
男性の人でも花束を持って歩くのが恥ずかしいという人も、母の日だったら花束をもっていても違和感もありません。
こんな時だからこそ、花束もいい思い出になります。

またその他にも、最近人気な花の贈り物は、プリザーブドフラワーです。
「ブリザードフラワーとドライフラワーの違い」とはなんでしょうか、詳しくはhttp://www.scarlett-web.net/gb.html
アレンジされた花を特殊な加工で、何年も手入れすることなく花を楽しむことができますので、普段花を飾っていない人などにも、おくだけで素敵な花を楽しむことができます。
また鉢植えなどは、毎日手入れをしていけば、長い期間楽しんでもらえます。
お花が好きな人には、喜んでもらうことができる花のプレゼントです。
毎日手入れをしながら、母の日の思い出を振り返ってもらえたら、送る側もうれしいですね。

お花は女性ならもらってうれしいプレゼントです。
花の種類も増えてきて、プレゼントしやすくなっています。
手書きのメッセージを添えてプレゼントされるとより喜ばれますよ。
また、学資保険についてはhttp://xn--ruqz4zs43b2di.biz/manngaiti.htmlをご覧ください。